トレーラーハウス!!



田舎暮らし 別荘 田舎暮らし 古民家 ログハウス 伊豆別荘

パーフェクトコテージは建物の代用品ではありません。パーフェクトコテージは使う方のライフスタイルを表現するアイテムであると考え、企画・提案しています。

はじめに−
パークトレーラーは、ヨーロッパで70年以上、アメリカで60年以上の歴史を有し、欧米の富裕層は「所有し使用することにこの上ない ステータスを感じる」といわれている移動型住宅です。
我が国では道路事情や風土環境の違いで、その正確な知識が広まっていませんが、その数々のメリットで認知度は近年急速に高まりつつあり、今後の普及が大いに期待されています。

パークトレーラーqa


トレーラーハウスとは

  Q.トレーラーハウスって、何?
  Q.パークトレーラーって家なの?それとも車?

トレーラーハウスの構造・耐久性

  Q.トレーラーハウスの構造は?
  Q.耐久性は?

トレーラーハウスの税金・各種法律

  Q.固定資産税や税金は?
  Q.建築確認は必要ですか?
  Q.減価償却は?

トレーラーハウスの設置・移動

  Q.どこにでも設置できますか?
  Q.設置できない場所は?
  Q.設置したい場所が斜面上になっています。置くことができますか?
  Q.トレーラーハウスを別の場所に移動できますか?
  Q.牽引は誰にでも出来ますか?

不要になったら

  Q.下取り・買取・売却は?
  Q.水周りなどの接続はどうするの?
  Q.本体価格以外にどれくらいかかりますか?

設置する土地・ライフラインについて

  Q.電気・ガス・給排水はどのようにするのでしょうか?
  Q.トイレはどうなっているの? 汚水はどこに流すの? 電気・水道・ガスは?
  Q.どういった基礎工事が必要なの?

トレーラーハウスと日本の気候風土

  Q.寒冷地でも大丈夫?
  Q.雨仕舞いや雨漏りはどうですか?

トレーラーハウスと天災

  Q.地震は大丈夫?
  Q.地震の時、家具は?
  Q.台風は?強風で倒壊の心配は?

居住時の不安

  Q.夏季に自動車のように熱くならないですか?
  Q.雨の音がうるさくないですか?バタバタと聞こえるのでは?
  Q.雨漏れがあると聞きますが どうなんでしょうか?
  Q.結露対策は?

トレーラーハウスのメンテナンス・リフォーム

  Q.メンテナンスは?
  Q.リフォームは?
  Q.使用上の注意点はどんなとこですか?

レーラーハウスのローン・保証・保険

  Q.ローン・リースは使えますか?
  Q.火災保険に入れるの?
  Q.保証はありますか?

JPカスタムパークトレーラー・ヴィラ

  Q.オプションの説明が無いのですがどうして?
  Q.納品にどれぐらいかかりますか?

その他のご質問

  上記以外のご質問は個々にお答えいたします。
こちらを クリック してご質問をメールください。
※直接お電話でもお受けいたします。03-5575-7890へどうぞ。
▲ページの先頭に戻る



パークトレーラーqa

トレーラーハウスとは

Q.トレーラーハウスって、何?
A .シャーシ(フレーム)の上に乗った2×4工法(屋根や床は2×6)の建築物で、わが国では平成9年3月31日建設省住指発第170号の、各都道府県の建築指導課に対する行政指導で、 「….随時かつ任意に移動できるものは、建築基準法第2条第1号に規定する建築物には該当しないものとして取り扱うこと。」 との指導により、大型のキャンピング・トレーラーとして正式に取り扱われるようになりました。
タイヤがついているため、移動が可能であり、緊急被災住宅・老人健康保健施設 ・第三セクター事業などでも利用されているほか、別荘やペンション、 キャンプ場の宿泊施設、店舗事務所、お子様の勉強部屋、さらには介護住宅。
増改築せずに別宅として使えるなど、用途は多岐にわたります。 つまり用途は建物そのものですが建物としての規制等々を受けない物という法律的解釈です。(このことにより様々なメリットが生じます)

Q.パークトレーラーって家なの?それとも車?
A .上記の通り車両です。トレーラーハウスの中の1つです。
タイヤがついています。 でもエンジンがありませんので、自動車取得税、重量税、自動車税等の税金は課せられておりません。
また不動産にもあたらないので登記も無ければ固定資産税もかかりません。


トレーラーハウスの構造・耐久性

Q.トレーラーハウスの構造は?

A .鉄骨のシャーシ(フレーム)の上に乗った「2×4工法」です。
「2×4工法」とは、壁・天井・床を構造耐力に優れたパネルで独自の6面体構造を構成したものです。
地震や台風などの外力を6面全体で受け止めて揺れを抑制、バランス良く吸収し、揺れの少ないトレーラーハウスを実現します。
Q.耐久性は?
A .構造本体は、20年以上持つ構造(カナダ・アメリカでは30年以上のものも現在使われています)になっていますが、あくまでも使用法と手入れ次第です。 
「防音・防寒・耐震・耐火等」全ての装備に高い品質であること 。
ペアガラス仕様の窓、断熱材もしっかり入れて気密性に優れていること(夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。)などが条件ですが、JPカスタムパークトレーラー・ヴィラなら安心です。


トレーラーハウスの税金・各種法律

Q.固定資産税や税金は?
A .原則、固定資産税は掛かりません。
税関発行の証明書は「車両」扱いです。従って不動産関係の法律や登記といった手続も不要です。移動可能な状態ですと基本的には固定資産税もかかりません。
但し地方分権法が成立して以来、何とかして徴税したい自治体と、それよりもむしろ、住民が増える事を優先する自治体では対応が異なりますので、事前に設置場所の市町村の対応をご確認ください。
ご不明の場合は専門スタッフがアドバイス致します。

Q.建築確認は必要ですか?
A .トレーラーハウスは車両扱いのため建築確認は必要ありません。従って各種規制も受けません。
但し、上記の通り各市町村の判断によって、建築確認が必要な場合もあります。
建築確認をとると、固定資産税、不動産取得税の対象となります。各市町村で、トレーラーハウスに関しての条例が制定されている場合には条例に従ってください。

※トレーラーハウスにはトレーラーハウスであるための対応が必要です。トレーラーハウスには設置基準、接続基準、輸送基準があります。弊社は日本RV輸入協会の基準を遵守しておりますので、ご協力をお願い致します。具体的な設置方法は、協会ホームページをご参照ください。また、弊社では、トレーラーハウス生産証明書、日本RV輸入協会トレーラーハウス登録証を発行します。


Q.減価償却は?
A .法人でご購入される場合、減価償却期間は最短4年(用途によっては税務署の判断期間が変わります)ですから、税務対策上非常に有利になっております。


トレーラーハウスの設置・移動

Q.どこにでも設置できますか?
A .はい!もちろんOKです!!
宅地はもちろんのこと、移動可能な状態なら基本的にはどこにでも設置することが可能です。
建築確認・建ぺい率・様々な法律規則を受けません。生産証明書、トレーラーハウス登録証も発行できます。エンジンはありませんので、自動車税は不要です。

Q.設置できない場所は?
A .道路が狭かったり、急カーブで搬入不能の場合(重機を使えばOKの場合もあります)、急傾斜地で地盤が不安定な場合などです。

Q.設置したい場所が斜面上になっています。置くことができますか?
A .急傾斜地や道幅が狭い場合、道路の曲がり具合が急なところなど場所によっては、設置不可能な場所もありますので、事前調査が必要になります。 ただし、クレーン等の重機で吊り上げて置くこともできます。

Q.トレーラーハウスを別の場所に移動できますか?
A .もちろん移動可能です。建物を固定する基礎工事をしていませんので、簡単に移動させることができます。新規設置場所の事前調査をした後、専門スタッフによりご購入時と同様に移動・設置をいたします。 (フェリー等、使用の場合は別料金が必要となります。)

Q.牽引は誰にでも出来ますか?
A .大型のトレーラーハウスは牽引免許が必要です。
移動から設置(敷地内の再移動・再設置も含む)につきましては専門スタッフによって手配から全て承ります。(クレーン・ユンボ・リフトなど重機が必要な場合も可能です)


不要になったら

Q.下取り・買取・売却は
A .専門の検査員が鑑定・査定してお客様とご相談の上で下取りや買取を行います。
また高価格での売却が望めるセカンド・ユーザー市場への仲介も承ります。

Q.水周りなどの接続はどうするの?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズ本体の水周りの設備はすべて整っています。
設置される場所で車体の移動可能な状態を保った上で、上水道は止水栓から引込み、下水は下水道もしくは浄化槽・便槽につなぎます。
なお、ガスは都市ガスがきていてもプロパンガスを使用します。(都市ガスを使用すると仮設(移動可能)とみなされない場合があります)

Q.本体価格以外にどれくらいかかりますか?
A .輸送費+設置費用+ジャッキ費用+ライフライン工事(水道・ガス・電気)等々です。
ライフライン工事は、電気工事、水道工事、ガス工事(プロパン)が必要ですが費用は、設置場所、業者により違いがありますので、事前にご相談下さい。
(各アイテムの「お見積もり例 」の表をご参照ください)


設置する土地・ライフラインについて

Q.電気・ガス・給排水はどのようにするのでしょうか?
A .一般の住宅建設の設備と同様になります。
設置場所最寄りの給排水設備と電気・ガス業者に納車日前に事前準備をしておいて頂きます。 弊社は陸送設置後、それら地元業者様に接続指導を行います。
外部接続工事を行えばすぐ、その日のうちにご利用になれます。だから安価な工事費用で収まります。
設置地域の許認可を受けた担当企業体(電気申請、接続、ガス工事、水道申請)に施行して頂くようになります。

Q.トイレはどうなっているの? 汚水はどこに流すの? 電気・水道・ガスは?
A .一般住宅の場合と同様です。
ただし、仮設(移動が可能)とみなされる状態を保つ必要があります。
具体的には設置の際、専門スタッフがお世話をいたします。

Q.どういった基礎工事が必要なの?
A .トレーラーハウスには、基礎工事は一切必要ありません。(土地が堅固で水平が取れているところなら不要です。但し、霜が下りるような寒冷地では地盤の浮き沈みがあリますので、そんな敷地は、土間・コンクリをお勧めしています) ですから、余計な費用もかかりませんし、簡単に移動させることもできます。
通常、一度作ってしまった建築物だと、解体費用も多額ですが、トレーラーハウスは、移動させることができ、壊す必要はありませんから、無駄な費用を使わなくて済みます。

※特別な工事費用を避けるためにもトレーラーハウス専用にライフライン工事マニュアルがあります。契約時にお渡しいたしますので、工事関係者様との打ち合わせにお使いください。


トレーラーハウスと日本の気候風土

Q.寒冷地でも大丈夫
A .トレーラーハウスは北欧・北米で発達しましたので日本の寒冷地にも十分適応できます。
しかもJPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズの内部は国内で生産され仕様のすべてが寒冷地仕様です。
製造元は豪雪地帯にも多数の納品実績があり積雪、雨漏り以外にも塩害や湿気、などといった対策も備えた製品です。
ですから輸入した外国からの完成品に比して、高温多湿なわが国の環境にも耐えるのです。

Q.雨仕舞いや雨漏りはどうですか?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズの屋根は最も風雨に強い切妻屋根になっており、屋根材も厳選しております。
雨音にも気を配り静かな別荘ライフをお過ごしいただけます。


トレーラーハウスと天災

Q.地震は大丈夫
A .トレーラーハウスは移動する際の振動に耐えるように造ってありますので最初から耐震住宅となっています。
大地震でもジャッキが外れるだけで揺れはタイヤが吸収します。

※被災後は水平を保っているかの確認をすることが大切です。

Q.地震の時、家具は
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズはいわば「耐震シェルター」です。家具類は作り付けですから倒れる心配もない非常に安全な住宅です。災害時の仮設住宅としても使えますのでご自宅が「もしもの時」も安心です。

Q.台風は?強風で倒壊の心配は?
A .風水害に対する備えはもちろん必要です。
本体は強固に造ってありますが、倒木や飛来物での損壊、浸水等の水害等々に事前の配慮が必要です。 台風などの強風で躯体自体が倒壊することは考えられませんが、想定外の大風の場合、ジャッキが外れ躯体が横に転倒する可能性がまったく無いとは言いきれません。
気象情報に注意して、風をまともに受ける場合はそれなりの対策が必要でしょう。
ご心配の方は専門スタッフにご相談ください。

※備えあれば憂いなしと申します。万が一のための損害保険もありますのでご加入をお勧めします。


居住時の不安

Q.夏季に自動車のように熱くならないですか?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズは断熱材が入っていますので快適です。天窓もあるので風は抜けます。自動車のように屋根が鉄板ではありません。天窓から温まった空気を室内から常時抜くこともできます。

Q.雨の音がうるさくないですか?バタバタと聞こえるのでは?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズは屋根にも防音・断熱処理してあります。普通の住宅と変わりません。

Q.雨漏れがあると聞きますが どうなんでしょうか?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズは通常の使用では雨漏れはありません。
ただし正しい使用法(例えば豪雪地域での雪の期間は凍結水抜き、電熱線の使い方や雪よけなどなどしっかりした対策はもちろん必要です)とメンテナンスは必要です。
メンテナンスさえしっかりしていれば雨漏りやクラックはおこりません。

※雨漏れや腐食といった不良品の噂は、粗悪品の輸入中古車が横行した10年位前から蔓延しました。わが国でパークトレーラーの普及が遅れた原因のひとつとなっています。

Q.結露対策は
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズは壁の内側には結露対策のための断熱ボード・防湿用シートを施してあります。
ガラスはペアガラスでカビ除けに通風孔もあります。


トレーラーハウスのメンテナンス・リフォーム

Q.メンテナンスは
A .メンテナンスは勿論必要ですが、住宅に比べて簡単です。
ご購入時にマニュアルをお付けいたしますが、別途メンテナンス契約も出来ます。

Q.リフォームは?
A .リフォームはもちろん可能です。構造的に2×4工法を採用しておりますので非常に簡易な工事で住宅に比べ安価にリフォーム出来ます。

Q.使用上の注意点はどんなとこですか?
A .トレーラーハウスは水平を保つこと。これが一番大切です。
定期的に水平を計り、水平を維持するためメンテナンス契約をお薦めします。
後は一般の住宅と変わりません。カラスや動物のいたずら、お風呂使用後の換気、長期不在中の換気。寿命のきている部品や消耗品の交換等々の常識的なことです。


トレーラーハウスのローン・保証・保険

Q.ローン・リースは使えますか?
A .トレーラーハウスに対応した比較的簡単な審査で済む提携ローンをご用意しています。
融資限度は本体価格のおよそ70%、100万円から利用でき上限が1000万円まで可能です。(設置場所の土地所有者および土地購入者に限ります。)

※ローンをご希望の方は必ずその旨をお問い合わせの時にお伝えください。

Q.火災保険に入れるの?
A .トレーラーハウスに対応した各種プランの損害保険をご用意しております。

Q.保証はありますか?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズはご購入後、安心の一年間完全保証が付いています。保証内容につきましては契約時に詳細にご説明いたします。1年間完全保証







JPカスタムパークトレーラー・ヴィラ

Q.オプションの説明が無いのですがどうして?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズはフルスペック対応型です。
想定されるオプションの最上級品をフル装備していますので、各部品のカラーをお選びいただくだけとなっています。
オプションをお選びいただくとすれば、例えばバリアフリーの完全対応等特別なご要望の際となりますので別途ご相談下さい。

※給湯設備に関しましては、昨今多発しました給湯器の事故以来、安全性の確保・保守等の問題でユーザー様が設置場所の地元業者様に直接依頼し設置していただくこととしました。
また、エネルギー源に関して、ガス・石油・電気などユーザー様のご希望が単一でないこともあり標準装備とはいたしません。この点ご理解のほどお願いいたします。

Q.納品にどれぐらいかかりますか?
A .JPカスタムパークトレーラー・ヴィラシリーズは最上級品となりますので全て受注生産です。契約後、約2ヶ月〜見ていただければ、納車できます。
ただし、工場の混み具合にもよりますので、事前にご確認ください。

上記以外のご質問は個々にお答えいたします。
こちらを クリック してご質問をメールください。
※直接お電話でもお受けいたします。03-5575-7890へどうぞ。
▲ページの先頭に戻る

 

お問い合わせ会社概要個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © 2007 All Rights Reserved.